ぴんす焼
てきとーに、だらだらと、すきなことを・・・
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


先日、うちの近くで家事がありました。

ボク、去年から一応消防団に入っていて、

今回はじめて現場に出動しました。


ものすごく壮絶でした。

ほんとはその状況を細かく書きたいとも思うんですがとてもとても

言葉では言いあらわせません。
(もともと書くのが苦手というのもあるんですが)



とりあえず、大雑把な状況は、、、


家1軒が全焼しました。

晩の9時すぎぐらいに出火して

出火まもなく通報、出動となったのですが火の勢いが強く

全焼ということになりました。

家の中に人もいましたが、残念な結果になりました・・・。

火事になった家が隣家に直接面していないこと、

出動が早かったことで、火事はその1軒のみですんだので

それだけが救いでした。


火事ってほんとうに怖いです。

火事になったその人側はもちろん、消火する側もほんと怖いです。

マジで命がけの作業です。

中に人がいるようなら助かるよに

火が燃えひろがらないように

とにかくはやく火が消えるように

と、がんばって火を消そうとするのですが

火の勢いや熱、

焼けて2階に穴が開いてそこから落ちてくる家具・タンスとか

消火の放水の勢いで吹き飛ぶ家の部品・瓦とか

直接消化する人や消火をサポートする周りの人みんなが

ほんとうに命がけです。


ボクは、直接消火することや家を崩して残り火などをみつけること

はせず、主にホースを運んだり等の雑用だったんです。


でも、火事場の壮絶さはすごく感じました。

火事はほんとうに怖い。

火事は絶対にならないようにしなくてはならない。

ほんとうに火の取り扱い、始末は気をつけようと思いました。




消火が完全に終わったのが深夜0時すぎ。
消防団の屯所に戻って片づけをして終わったのが1時すぎ。
その後すぐにボクは先に帰らせてもらったんですが
なんだかんだで寝たのは3時前くらい。
次の日ふつうに朝から仕事があったんですが…やはり仕事がね…。






管理者にだけ表示を許可する





TRACK BACK
TB*URL







Google
 





 iTunes Store(Japan)



HMVジャパン トイザらス・オンラインショッピング
ガンダマー・ドットコム ハピネット・オンライン




Copyright © ぴんす焼. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。