ぴんす焼
てきとーに、だらだらと、すきなことを・・・
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


日本語入力ソフト「かわせみ」が発売になったことを
びといんさんのブログ「ねこぱんち統合整備計画の記事で知り
さっそくダウンロードしました。

とりあえずは、ライセンスを購入せずに
30日間、すべての機能が使用できる体験版を使用してみることにしました。

物書堂のサイトにも「まずは体験版でよくご確認ください。」とありますし。



Macには標準で「ことえり」という日本語入力ソフトが入っています。
今使っているMacBookではじめてMacを使うことになったボクとしては
この標準のことえりを使用していたわけだが
最近、どうも変換に違和感を感じるよう思えていました。
なんだか思ったように変換候補が出てこなくって
しかも微妙にWinのIMSのような変換をする気がしていました。w
いや、はじめはふつうに変換してたんですよ。
まあそんな訳で、違う日本語入力ソフトを導入しようかと思いました。



現在、この記事も「かわせみ」を使って書いてます。
特に違和感もなし。
あるといえば、変換候補の表示文字が
ことえりなら「明朝体」で表示されていたのが
かわせみは「ゴシック体」で表示されていることでしょうか。w
個人的には明朝体の方が良いかな。
でもまあ、使ってるうちにその辺の違和感は気にならなくなるでしょうね。


とりあえずは使ってみる。
何か気に入らないことがあればアンインストールすればいいだけだし
気に入れば、ライセンスを購入する予定。

ライセンスを買う場合、ちょっと悩みどころなのが
2個ライセンスを買うか
ファミリーパックのライセンス(3個分)を買うかということ。

ライセンス1個の価格は1995円で
ファミリーパック(3個分)は3990円。
2個買うのも3個買うのも値段は一緒・・・。

iMacが欲しい(購入するつもり)ので
ライセンスを買うとしたら2個欲しいんですよね・・・。

ファミリーパックを買っても確実に1個ライセンスが余るけど
まあ、それを買っとくにこしたことはないか。




あ、そうそう「言語とテキスト」の設定でことえりのチェックを外しました。
とりあえず「かわせみ」ばっかりを使ってみるために。








管理者にだけ表示を許可する


>びといんさん
 現在、快適にかわせみを使用しています。
 変換候補のフォントも変更できるんですね!情報ありがとうございます!さっそく変えてみました。色々選べるので、ことえりとちょっと変えて自分の好みにあう「ヒラギノ明朝proN W3」にしました。

 それにしても、日本語入力ソフトが1995円ってほんと破格ですね!いくらネットでのダウンロード販売と言っても脱帽です。気軽に購入を考えれるこの価格ってほんとうれしい限りです。
ka2-yuki | URL | 2009/10/30/Fri 20:54 [EDIT]
 追伸。
 変換候補のフォントは、環境設定ツール>候補>フォント で変更可能ですよ。好きなフォントに設定できます!
「ヒラギノ明朝pro w6」にすれば、ことえりの時とほぼ同じになるのでは?
びといん | URL | 2009/10/30/Fri 00:05 [EDIT]
 かわせみ、快適ですよ!
 俺は元々、かわせみの元になったEGBRIDGEシリーズを長年愛用していたので、もちろん、機能的にも満足。ことえりだけを使ってきて不満に思っている人には「とりあえず買っとけ!」とオススメです。
 twitterでも、評判いいみたいですよ。

 先月の製作発表の時は価格3980円といっていて、それでも安いと思ったのに、リリースされたのはその値段では3ライセンスが買えて、シングルライセンスだと1995円って、凄い。
 30日間全機能が使える体験版もあって「もしも気に入っていただけたのでしたら、ライセンスキーをお買い求めいただくことで引き続き製品版としてお使いになれます。逆にお眼鏡に適わなかった場合には、吟味に費やされたお時間こそ取り戻せませんが、アンインストーラを使って簡単に削除できます。」なんて、謙虚な事、普通のソフトウェアメーカーは言いませんよね(笑)。こういう姿勢が好きです。
びといん | URL | 2009/10/28/Wed 22:50 [EDIT]



TRACK BACK
TB*URL







Google
 





 iTunes Store(Japan)



HMVジャパン トイザらス・オンラインショッピング
ガンダマー・ドットコム ハピネット・オンライン




Copyright © ぴんす焼. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。